塾や個別指導の教育について

ヘッドライン

学習塾

rekisi 学習塾が、日本で始まったのはおよそ平安時代の頃が始まりだと言われ… 続きを読む

新着記事一覧

2013/10/15
学習塾を更新
2013/10/15
個別指導を更新
2014/02/28
家庭教師を更新
2014/04/25
遠隔教育を更新

法律

manabu

教育の定義とは、様々ありますが、国民三大義務の一つとしてもあるように、我々が社会生活を送る上で欠かすことが出来ないものです。

教育の種類も様々あり、義務教育は日本国憲法の26条第2項で以下のように定められています。
【すべての国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする】

また、日本国憲法以外でも教育に関係する法律で、教育基本法という法律があります。
教育基本法は、昭和22年に制定された法律で、教育の目的や理念、教育を実施するために必要な基本概要などが示されています。

学習

学習とは、人間が社会で生きていく中で、自分がより良い状態になることが出来るように、知識や思考、感性や運動などを磨く行為の事を指しています。
学習できる場所は、様々あります。
・自宅
・図書館
学習塾
・学校
など人によって、様々なところで学習を行っています。

生涯学習は、人間が学校だけで学習するのではなく、生涯にわたって学習することを指しています。
生涯学習を行うことで、生活が向上したり、職業を行う能力の知識や技術を身につけることが出来たり、事故実現を充実させるために役立てることが出来ます。
また、勉強などの学習だけでなく、スポーツ活動や文化活動などの広い範囲で行われるものであることと、生涯学習審議会が提示しています。

幼児教育

youjikyouiku

人間の成長過程で満1歳から小学校に入学するまでの時期を幼児期といいます。
この頃の幼児を対象として行われる教育のことを、幼児教育と言います。

幼児教育を始めさせるメリットとして、人間が成長していく中で脳の成長に大きく影響するのが、3歳の頃までの脳への刺激だと言われています。
なので一刻も早く学習させたいと思う家庭が多い傾向があります。

また、人間の脳には、右脳と左脳があります。
左脳は、計算や分析など人間の倫理的な思考をするものだと考えられています。
一方右脳は、芸術や空間認識、暗記など直感的な思考をするものだと言われています。
0歳から3歳の頃までは、特に右脳が活発に働く時期でその後は徐々に左脳が有利に働くようになります。
なので、早期教育をすることで、右脳に適切な教育をさせようという目的のもと、行う人もいます。